注目キーワード

スナックは20代1人で行っても大丈夫?楽しみ方や注意点

  • 2024年2月11日
  • 2024年2月20日
  • おでかけ
  • 291回
  • 0件

皆さんスナックに行ってみたいと思ったことはありますか?

毎日職場と家の往復だけでつまらない日々にスナックはおすすめですよ。

ひとりで家飲みするよりも、スナックの常連さんやママさんと会話しながら飲むお酒は美味しいですよ。

スナックってどんなところ

そもそもスナックがどんな所なのか分からないと不安ですよね。

スナックは10人未満ぐらいのお客さんが入れるくらいのこじんまりとしたお店が多いです。

キャバクラはキャストさんが横に座るのに対して、スナックはカウンター越しにママさんやチーママが接客してくれます。

スナックが若者におすすめの理由

スナックがなぜ若い人におすすめなのか理由を3つ紹介します。

第3の居場所

普段は会社の上司や先輩とのコミュニケーション、家でリラックスされていると思います。

でもたまに寂しさが凄い時ってありません?

私は寂しがりやなのでたまにあります。

そんな時に誰かと一緒に居たいけど、ワイワイするのは嫌だって人におすすめです。

私は転勤が多く、一人暮らしの時は月に3回ほど通っていました。

SNS疲れ

現代社会はSNSでの交流が主流になっていますよね。

SNSで同じアニメが好きな人とリプ欄で交流が出来たり、ブロガー同士で交流してモチベーションを維持したりと良い面もあります。

ですが、フォロワーやいいね数を気にして疲れちゃっている若い子も多いと思います。

そんな時に実際に面と向かってコミュニケーションを取れるスナックはガス抜きにおすすめです。

人生経験になる

スナックに来ているお客さんはほとんどが40代以上です。

東京や大阪などは20代30代のお客さんもいるとは思います。

地元の常連さんで70代80代のママさんファンもいれば、仕事帰りのサラリーマンなどがいます。

ほとんどの人は一見さんが来たら「あなた何をしている人なの?」「趣味とかあるの?」とか聞いてくれます。

会話が弾んでくると、相手から「俺はこんな仕事をしていてな〜」とか「俺はこういう趣味があるんだ」と話してくれます。

トラック運転手の話や、ごみ収集員の話・会社のコンサルをしている人の話などを聞くことが出来ます。

そうすることで、勤務時間や給料・どんな時が大変かを知ることが出来ます。

自分からアクションを起こせるか心配な人でも、ママさんやチーママが上手に話をまわしてくれるので安心してください。

スナックでの注意点

行きたいと思っても料金やマナーが分からないと不安ですよね。

料金

スナックの料金体勢は主に2種類あります。

ひとつはセット料金です。

焼酎飲み放題、カラオケ歌い放題で1時間4000円とかが多いですね。

もうひとつは頼んだものの料金です。

ビール一杯600円カラオケ一曲100円とかが多いですかね。

心配な場合は事前にママさんに予算を伝えておきましょう。

電子マネー非対応

時代の流れと共に、クレジットカードや電子マネー対応のお店も増えてはいます。

ですがお店が手数料を負担しないといけないので、非対応のお店もあります。

なので基本的には、現金で決済できるように準備しておきましょう。

ニコニコ現金払いが望ましいです。

マナー

スナックはママさんがオーナーです。

ママさんの機嫌を損ねるのは絶対にNGです。(常連さんと喧嘩・酔い潰れる)

スナックの常連さんは座る席が決まっています。

〇〇さんはお店の一番奥とか、ママさんの真正面の席って感じです。

お店に入ったらママさんから案内された席に座りましょう。

カラオケを誰かが歌っているときは、間奏中に拍手しましょう。

服装

初めて行く時って服装に悩みますよね。

普通にコンビニに行くような格好で大丈夫です。

仕事帰りに作業着やスーツで来ている人もいれば、上下スウェットで来ている人もいますよ。

まとめ

最初はハードルが高く感じるとは思いますが、一度行ってみると楽しいですよ。

カラオケもママさんや常連の人が盛り上げてくれるので、ぜひ歌ってみてください。

上の世代の人の歌を知っていると喜ばれますよ。

因みに筆者は「上を向いて歩こう」や「また逢う日まで」を歌って喜ばれました。

Follow me!

PAGE TOP