注目キーワード

野良猫のマーキング被害対策方法・猫が嫌がる臭いやグッズは?

  • 2024年5月10日
  • 2024年6月13日
  • 未分類
  • 13回
  • 0件

「本ページはプロモーションが含まれています」

野良猫によるマーキング行動は、多くの飼い主や住民を悩ませる問題です。

猫は縄張り意識が強く、自分の領域を主張するためにフンやオシッコをする習性があります。

このマーキング行動は庭や車、壁などに悪臭や汚れを残し、大きな被害となります。

本記事では、野良猫のマーキング対策について、様々な視点から解説していきます。

マーキング行動の原因とは

cats

猫のマーキング行動には、いくつかの原因が挙げられます。

まず、縄張りを主張するために、自分の匂いを残そうとするためです。

また、発情期に入ると、パートナーを求める合図としてマーキングを行います。

さらに、ストレスを感じた際や新しい環境に不安を覚えた際にも、マーキングをする傾向があります。

縄張り意識

猫は縄張り意識が強い動物です。

自分のテリトリーを守るために、フンやオシッコの臭いをマーキングとして残します。

これにより、他の猫に対して領域を主張しているのです。

自分の縄張りを示す以外にも、縄張り争いに巻き込まれないためにマーキングをする場合もあります。

他の猫のマーキングを見つけると、自分の匂いを付け加えることで、領域侵害をしないよう示します。

発情期

猫の発情期は、オスメスともに約半年に一度訪れます。

この時期は、パートナーを見つけるために、積極的にマーキングを行います。

オスは広範囲にフェロモンの匂いを残し、メスは自分の存在を知らせるためにマーキングをします。

発情期のマーキング行動は、非常に激しいものとなります。

発情期以外でもマーキングをすることがありますが、発情期に入るとその頻度が高まります。

発情期が終わるまでは、一時的な対策を講じるしかないかもしれません。

対策方法

cats

野良猫のマーキング被害に悩まされている方も多いはずです。この節では、様々な対策方法について解説していきます。単一の対策では効果が薄い場合もあるため、複数の方法を組み合わせるのがおすすめです。

猫の嫌がる臭い

柑橘系の香りや酢の臭い、クエン酸の臭いなどは、猫が嫌がる匂いとして知られています。

これらの香りを発する物質をマーキングされた場所に置くことで、猫が近づかなくなる効果が期待できます。

臭い具体例
柑橘系オレンジやレモンの皮、柚子胡椒
酢、酢酸、木酢液
クエン酸クエン酸粉末、重曹

上記のような臭いのする物質を、被害にあった場所に設置することをおすすめします。

猫がマーキングをした場所に匂いがついてしまうため、次に来た際に嫌がるはずです。

音や光の威嚇

猫は音や光に敏感で、大きな音や明るい光を嫌がる傾向にあります。

この性質を利用して、マーキングされた場所にセンサー式の音や光を設置することで、猫を威嚇し、侵入を防ぐことができます。

代表的な威嚇グッズとしては、超音波式の猫よけや、センサー式の光を発する製品があります。

障害物の設置

猫が嫌がる障害物を設置することで、マーキングされる場所そのものを避けさせることができます。

トゲトゲした面は猫の肉球を傷つけるため避けられ、滑らかな面は毛が絡まり嫌がられます。

また、薄く広げた金属板などの上を歩くのを嫌がる猫も多数います。

ただし、一部の猫は逆に障害物を気にせず、むしろ縄張りとして認識する可能性もあります。

個体差を考慮し、複数の対策を組み合わせることが大切です。

除去と洗浄

既にマーキングされてしまった場合は、迅速な除去と洗浄が重要になります。

猫はマーキングの匂いに敏感で、一度付着した匂いが残っていると、同じ場所を繰り返しマーキングしてしまう可能性が高くなります。

アンモニア系の洗剤や重曹を用いて、徹底的な洗浄を心がけましょう。

消臭剤の使用も有効ですが、猫がそれ自体の匂いを嗅ぎ付ける恐れもあるので注意が必要です。

匂いが残らないよう、洗浄作業には気を付けましょう。

庭や外構の工夫

garden

庭や外構を工夫することで、野良猫が侵入しづらい環境を整えられます。

植栽による工夫

猫が嫌がる植物を庭に植えることで、侵入を防ぐことができます。

代表的なものとして、ラベンダーやルリマツリ、ペパーミントなどのハーブ類があげられます。

こうした植物の芳香が猫の侵入を阻止してくれます。

また、低木や密な植栽を施すことで、猫が休憩する場所を作りにくくなります。

しかし、猫の縄張りになると逆効果なので、継続的な手入れが必要不可欠です。

地面のカバー

猫が嫌がる素材で地面をカバーすると、上を歩きにくくなるため侵入を防げます。

具体的には、大きな砂利を敷いたり、コンクリートなど硬い面を作ったりすることが有効です。

一方で、砂場のようにふかふかの地面は、猫のトイレとして認識されるリスクがあります。

地面のカバー材には十分注意を払いましょう。

フェンスの設置

フェンスを設置することで、物理的に猫の侵入を防げます。

高さは150cm以上が理想的ですが、猫に飛び越えられる可能性もあるので注意が必要です。

トゲを立てるなどの工夫をすると、より侵入しにくくなります。

ただし、猫がフェンスの上を歩ける場合は逆効果になることもあります。

そのため、フェンスの上部にも対策を講じる必要があります。

まとめ

本記事では、野良猫のマーキング対策について様々な観点から解説してきました。

猫の習性を理解し、様々な方法を組み合わせることが、最も効果的な対策につながります。

記事内で触れた超音波式の猫よけは、こちらをチェックしてみてください。


Follow me!

PAGE TOP