注目キーワード

チョコザップのプロテイン安いけど味や飲みやすさは?買ってみた

「本ページはプロモーションが含まれています」

どうも皆さん、きょうちゃんです。

現在チョコザップに通って1月半が経ちました。

週に2回、行ける時は3回の頻度です。

チョコザップを利用するにあたって、チョコザップが販売しているプロテイン『ビープロ』が目に入りませんか?

マシンを使ったトレーニングのセット後、休憩中にタブレットの広告で流れて見ちゃいますもんね。

私もその企業の戦略に見事ハマり、プロテインを買いました笑

他のプロテインに比べて、圧倒的な安さを誇りますが、味や飲みやすさはどうなのかをレビューします。

ビープロの味

最初に味についてです。

チョコ味のビープロを買ったのですが、ココアのような風味でした。

私が普段飲んでいるプロテインは人工甘味料不使用なので、ビープロはどうしても変な甘さを感じました。

一応植物由来の甘味料ステビアが含まれているのですが、人工甘味料であるスクラロースが入っているので甘いですね。

私はジュースを基本飲まないので、余計に敏感になっているのかもしれません。

ビープロの飲みやすさ

次に飲みやすさについてです。

飲みやすさは、正直飲めたもんじゃなかったですね汗

商品に記載されている通り、350mlに付属のスプーン擦り切れ3杯を入れました。

下の写真を見てもらったら分かるのですが、かなり粉感が強いのが分かると思います。

この写真350mlぐらいですが、実はあまりに粉感が強くて、何回か飲んで水を足してを繰り返しています。

これがえんどう豆由来のプロテインだからなのか、チョコザップの企業努力が足りないからなのかは分かりません。

私は普段、ホエイプロテイン(イメージしやすいのはザバスです)を飲んでいるので、違和感が凄かったです。

ホエイは溶けやすくダマにならずサラッと飲めるのですが、これは口に張り付く喉に引っかかるなどの不快感が強かったです。

イメージでいうと、ココア味のきな粉が大量に襲ってくる感じですね。

水の量

商品の裏面を見た際に、驚いたのは350mlで作るということでした。

ほとんどのプロテインは200mlで作ります。

200mlだと運動後(ホエイプロテイン)や寝る前(ソイプロテイン)にすぐに飲めるんですが、350mlはお腹がたぷんたぷんになります。

これも飲みにくい理由の1つでした。

ビープロのコスパ

金額は安いですが、味や飲みやすさの観点から1袋を飲み切ることは難しいので、結局は安物買いの銭失いになってしまいました。

プロテインを誤解しないでほしい

今回のレビュー記事で、かなり酷評していますがプロテイン自体は素晴らしいものです。

忙しい現代社会で、魚や鶏胸肉などタンパク質を3食全部摂取するのは難しいですよね。

そこで飲むだけで、20gのタンパク質を簡単に摂取できるので筋トレへの効果の期待や、モチベーション維持にもなります。

自分に合う飲みやすいプロテインを探すのをおすすめします。

私も安さに釣られて、浮気しないように気をつけます汗

おすすめのプロテイン

私が普段飲んでいる人工甘味料、保存料、合成着色料などが不使用のこだわりがある美味しいプロテインはこちらです!

→ 公式サイト ←


Follow me!

PAGE TOP