注目キーワード

大阪舞洲ネモフィラ祭り2024開花状況や混雑状況・アクセス方法

  • 2024年4月25日
  • 2024年5月3日
  • おでかけ
  • 2782回
  • 0件

「本ページはプロモーションが含まれています」

どうも皆さん、最近は桜やツツジ、ネモフィラと花を愛でるのに良い季節ですね。

今日はバイトが休みで、平日ということもあり、舞洲にネモフィラを見に行ってきました。

その時の開花状況と混雑具合を共有しますね。

ネモフィラ見頃

最初にネモフィラの開花状況の写真をどうぞ。

こんな感じで、ネモフィラは見頃を迎えています。

空の青とネモフィラの青がマッチして綺麗ですね。

まだ枯れる雰囲気はないので、GWも楽しめると思います。

舞洲ネモフィラアクセス

舞洲のネモフィラを見に行く際のアクセスが大変でした。

ホームページを見ると、西九条から出ているバスは地元の人ようで、輸送力がないと書かれています。

JR桜島駅の前にある、バス停桜島駅前から乗ってくださいと案内がされています。

筆者もその案内通りに行ったのですが、駅を出て驚いたのが長蛇の列でした。

100人、それ以上の人がとぐろを巻いて並んでいました。

11時にJR桜島駅に着いたのですが、バスに乗れてのは12時でした。

丁度1時間待ちました。

平日でこの混雑具合なので、土日祝を想像するとゾッとします。

舞洲バス注意点

ネモフィラを見に行くときに使うロッジ舞洲行きのバスですが、注意点があります。

それはICカードが使えないということです。

運賃は乗るときに先払いとなっています。

近くの自販機で両替しようとしたら、みんな同じ考えで180円以上の飲み物しか残ってませんでした汗

今のご時世ICカードが使えないのは驚きですね。

キャッシュレスが当たり前で、財布を持ち歩かない人が増えているので対応してほしいですね。

ネモフィラ祭りを安く利用するには

舞洲シーサイドパークについて、ネモフィラ祭りを堪能するときに、安く利用する方法を紹介します。

皆さんJAF会員になっていますか?

なっていたらチャンスです!

JAF会員の割引って恩恵を受けたことがあまりないですが、ネモフィラ祭りで活躍します。

通常は入場料金が1,500円のところ、JAF会員でしたら1,000円で利用できます。

土日祝は1,300円です。

JAFカードではなく、JAFのアプリで会員証を提示してください。

混雑回避方法

行きのバスで1時間待って、帰りのバスでも1時間待つのは流石に馬鹿馬鹿しいですよね。

行きの時もバス停の横で、タクシーを捕まえる人が10組ほどいました。

そこで筆者は思い切って、帰りはタクシーアプリGOを使いました。

舞洲シーサイドパーク〜JR桜島駅までで2,900円でした。

友達や家族と一緒に行くなら、タクシーがおすすめです。

割り勘で利用できて、時間を考えると快適ですからね。

初めての利用なら、500円OFFクーポンがもらえるのでオススメです。


まとめ

1時間バスを待ちましたが、圧巻の景色だったので、待った甲斐がありました。

これから暑くなるので、タオルや水分補給できるものを用意しておくことを推奨します。

タクシーアプリGOはこちらからチェックしてみてね♪

Follow me!

PAGE TOP